トップ

賃貸物件利用後のクリーニング

賃貸物件を利用する際、引払い時のクリーニング代について考えられたことはありますか。子供連れの家族を考慮して、日常で付く傷についてはそのままにする形でクリーニング代を請求されない場合もあります。勿論、物件として次の利用者のために壁・床の穴をふさぎ、汚れ落とすための費用が発生することもあります。ところが管理会社の中には、その範囲を明確にせず、日に焼けただけでその壁面を張り替えるからと大きな額を請求することもあるのです。契約時にそこまで確認しておけば、後々のトラブルに繋がりません。賃貸契約をお考え際は、利用後のことまで考えて行ってみてください。

植木鉢

賃貸物件のクリーニング業者

不動産業などで取り扱っている賃貸の物件を見て気に入ったものがあるとすぐにその物件を観ることができれば良いのですがまだ居住されていたりクリーニングなどをまだ行っていないので観る事ができないなどのケースがあります。こういった時にも写真や間取りなどでイメージをつけて決めなければいけない方もいます。もちろん人気の物件などはすぐに埋まってしまいますので早めに手続きをしなければ先にとられてしまいます。当然人気の賃貸物件でもしっかりと前に住んでいた方のフローリングや水周りやクロスなどはクリーニングを行います。費用も不動産と提携していると安く出来る下請け業者も在る様です。

© 賃貸のクリーニングとは. All rights reserved.